gallerybauhaus

田中長徳写真展
WIEN   CT70


田中長徳写真
     ©Chotoku Tanaka

会 期 / 2017年11月22日(水)〜2018年2月17日(土)
時 間 / 11:00〜19:00
休 廊 / 日・月・祝
入場料 / 無料
*2017年12月26日(火)〜2018年1月8日(月)は年末年始休廊とさせて頂きます。


内容紹介


70歳を迎えた作者が、1973年(26歳)にフリーランス写真家としてスタートしたウィーンを再訪、新たな10年に向けた展望と決意を予感させる写真展です。
2016年の新作に加え、1973年に撮影された作品も初展示いたします。

モノクローム(ゼラチン・シルバー・プリント)作品57点を展示。



WIEN CT70

田中長徳

1960年代のライフマガジンで大活躍した写真家エルンスト・ハースはあまり知られていませんが実はオーストリアウィーン生まれです。卓越した天然色写真のテクニックで色彩の魔術師と言うニックネームをとっています。
私が40歳の時にエルンスト・ハースとWIENについて語る機会がありました。それも英語ではなく生粋のWIENなまりのドイツ語で話をしたのです。
エルンスト・ハースは自分の一番好きな作品はカラーではなく、1950年代に外国から帰国したオーストリア軍の兵士の光景を撮影したシリーズだと言いました。それはモノクロームのドキュメンタリーなのですが、その背景には光の魔術師としてのエルンスト・ハースが浮かび上がっていました。

2016年のウィーンの撮影で、寒風の中で思い出したのはその時の大写真家の言葉でした。今回の写真展は個人的には私が70歳になったことを自分で記念するためのある種の記念碑です。写真家は日々生きていると同時に日々を死んでいるわけです。



【ギャラリー・トーク】

【第一回】 「ウィーンの50年」 田中長徳

日  時 /2017年12月9日(土)19:00〜 (当日は18:00閉廊、18:30より受付開始)
参加費 / 2,000円

【第二回】 「ウィーンで出会った人々」 田中長徳
日  時 / 2018年1月20日(土)19:00〜 (当日は18:00閉廊、18:30より受付開始)
参加費 / 2,000円

mailもしくはお電話にて要予約。
mailの際は御希望日・お名前・ご住所・お電話番号を明記のうえ、送信して下さい。
後日、スタッフより予約確認のmailをお送りさせて頂きます。

*お客様の個人情報を漏洩・流出させたり不正に利用したりしないよう、厳正な管理を実施しております。



作家プロフィール


田中長徳(たなかちょうとく)

1947年東京都生まれ。
日本大学芸術学部写真学科卒。
日本デザインセンター勤務を経てフリーランス写真家となる。
1973年から7年間ウィーンに滞在。
日本人写真家の巡廻展「NEUE FOTOGRAFIE AUS JAPAN」に参加。
文化庁派遣芸術家として、MOMA(ニューヨーク近代美術舘)にてアメリカの現代写真を研究。
個展多数。
『銘機礼賛』『屋根裏プラハ』『LEICA,My Life』など著書は約130冊に及ぶ。

Official blog PHOTOMENTARY チョートクカメラ日記


WIEN CT70
Chotoku Tanaka Photo Exhibition
November 22,2017-February 17,2018
gallery bauhaus
2-19-14 Sotokanda, Chiyodaku, Tokyo, Japan
Access map
About 6 minutes walk from Ochanomizu station (JR line/Tokyo Metro Marunouchi line).